【原神(げんしん)】推奨スペックとおすすめのゲーミングPCを紹介。

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

原神の推奨スペックを知りたい!

原神用のゲーミングPCを購入したいけど、どれがいいか分からない!

アニメ調のゲームとして発売当初から人気が高い原神。

その人気は現在でも高く、これから原神をプレイしようと考えている人は多いはずです。

しかし、原神に必要なPCのスペックは高いので、PCに詳しくない人はどのゲーミングPCを購入したらよいか分からないと思います。

そこで本記事では、原神に必要なスペックとおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

原神の動作に最低限必要な必要動作スペック

パーツ名スペック
システムWindows 7 SP1 64-bit
Windows 8.1 64-bit
Windows 10 64-bit
CPUIntel core i5 同等の性能を持つもの
RAM8GB
ビデオカードGeForce GT 1030及びより優れた性能を持つもの
DirectXバージョン11
ストレージ50GB以上の空き容量

原神の必要動作スペックは上記の通りです。

あくまでも必要最低限のスペックなので、フレームレートを出しつつ安定した動作を求めている人は推奨スペック以上の構成で組まれたゲーミングPCを選びましょう

原神を快適に遊ぶために必要な推奨スペック

パーツ名スペック
システムWindows 7 SP1 64-bit
Windows 8.1 64-bit
Windows 10 64-bit
CPUIntel Core i7 同等の性能を持つもの
RAM16GB
ビデオカードGeForce GTX 1060 6GB 及び優れた性能を持つもの
DirectXバージョン11
ストレージ50GB以上の空き容量

原神を快適に遊ぶために必要なスペックは上記の通りです。

上記のスペックなら原神を快適に遊べるでしょうが、高画質で144FPSなど高いフレームレートを狙うにはまだ少しスペックが足りません

そのため、次の項目からは画質とフレームレートを重視したスペックを紹介していきます。

画質・フレームレートを重視するならRTX 3060以上を搭載

パーツ名スペック
システムWindows 10 64-bit
Windows 11 64-bit
CPUIntel Core i5 10世代以上 同等の性能を持つのも
RAM16GB
ビデオカードGeForce RTX 3060 及び優れた性能を持つもの
DirectXバージョン11
ストレージ50GB以上の空き容量

原神を高画質で遊びたい場合は上記と同等の性能又はそれ以上のスペックが必要です。

グラフィックボードにRTX 3060以上のパーツを使うことで、原神ではもちろんその他のゲームでも144FPSを安定して出すことができます

その分価格が少し高くなりますが、出来るゲームの幅が広がるので損は少ないでしょう。

ノートPCとデスクトップPCどちらがおすすめ?

ノートPCデスクトップPC
使いやすさ
運びやすさ
拡張性
コスパ

ゲーミングPCを選ぶときに重要なのがノートPC又はデスクトップPCのどちらを選ぶかです。

ノートPCは、デスクトップと違いサイズが小さいので、持ち運びやすく外出時に役に立ちます。しかし、サイズが小さいため拡張性が低く後からのパーツ増設は難しいです。

デスクトップPCは逆に持ち運びは難しく外では使えませんが、拡張性が高く自分の好きなパーツを取り換える事ができます

ノートPCかデスクトップPCどちらを選ぶかは、自分がどんな目的でPCを購入するかを考えると選びやすいです。

【デスクトップPC】原神でおすすめのゲーミングPC

ここからは原神でおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

製品名LEVEL-M7P5-R45-RBXFRGLB760B/SG2GALLERIA XA7C-R48
OSWindows 11 HomeWindows 11 HomeWindows 11 Home
CPURyzen 5 4500Core i7 – 13700FCore i7 – 13700F
グラフィックボードRTX 3060 12GB GDDR6RTX 4070 TiRTX 4080 16GB
メモリ16GB(8GB×2)32GB(16GB×2)16GB(8GB×2)
ストレージ500GB1TB1TB

低画質で快適に遊びたい人向け|LEVEL-M7P5-R45-RBX

製品名LEVEL-M7P5-R45-RBX
OSWindows 11 Home
CPURyzen 5 4500
グラフィックボードRTX 3060 12GB GDDR6
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ500GB
価格119,700円 117,200円~

おすすめポイント

  • フルHDなら快適。
  • 低予算で購入が可能。

気になるポイント

  • 高解像度には向かない。
  • CPUの性能が低い。

グラフィックボードはNVIDIAのRTX 3060を採用し、CPUにはAMDのRyzen 5を搭載したミドルスペックのゲーミングPC「LEVEL-M7P5-R45-RBX」。

RTX 3060を搭載していることで、フルHDのゲームなら平均で144FPS・重いゲームでも60FPS以上を安定して出すことが可能です。

しかし、CPUのRyzen 5 4500は性能が低めで高負荷な作業には向いていません

そのため、価格が安いゲーミングPCが欲しい人やCPUを使った作業が少ない人におすすめです。

画質重視でゲームを遊びたい人向け|FRGLB760B/SG2

製品名FRGLB760B/SG2
OSWindows 11 Home
CPUCore i7 – 13700F
グラフィックボードRTX 4070 Ti
メモリ32GB(16GB×2)
ストレージ1TB
価格309,800円

おすすめポイント

  • 高画質でも快適。
  • 大容量なメモリ・SSD

気になるポイント

  • 出荷が遅い
  • 値段が高い。

グラフィックボードはNVIDIAのRTX 4070 Tiを採用し、CPUにはIntelのCore i7 – 13700Fを搭載したハイスペックなゲーミングPC「FRGLB760B/SG2」。

RTX 4070 Tiを搭載しているので、軽いゲームはもちろん、動作の重たいゲームや高画質設定のゲームでも快適に遊ぶことができます

また、メモリを32GBも積んでいるので、ゲームの他にも動画配信や画像・映像編集などメモリを多く使うクリエイティブな作業にもおすすめです。

しかし、販売元もフロンティアは出荷が遅く1~2週間かかるので、早くゲーミングPCが欲しい人にはおすすめできません

4K解像度でゲームを遊びたい人向け|GALLERIA XA7C-R48

製品名GALLERIA XA7C-R48
OSWindows 11 Home
CPUCore i7 – 13700F
グラフィックボードRTX 4080 16GB GDDR6X
メモリ16GB
ストレージ1TB
価格359,980円

おすすめポイント

  • 出来ないゲームはない。
  • 大容量なSSD。
  • 最短1日出荷。

気になるポイント

  • メモリが少ない。
  • 値段が高い。

グラフィックボードはNVIDIAのRTX 4080を採用し、CPUにはIntelのCore i7 – 13700Fを搭載したハイスペックなゲーミングPC「GALLERIA XA7C-R48」。

高性能なグラフィックボードを搭載しているので値段は高いですが、高画質設定のゲーム以外にもWQHDや4K解像度でも快適に遊ぶことができます

また、販売元のドスパラは午前中に注文することで最短当日(地域による)で出荷して貰えるので、早くゲーミングPCが欲しい人におすすめです。