ゲーミングPCを買ったら初めにやっておきたい設定 4選。

ゲーミングPC購入後にやっておきたい設定

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

ゲーミングPCの設定方法を知りたい!

ゲーミングPCは、購入後に設定をする必要があります。

しかし、初めてパソコンを買った人は何をしたらよいか分からないはずです。

そこで本記事では、ゲーミングPCを買ったらやっておきたい設定を4つ紹介していきます。

必ずやっておきたい設定・確認

モニターのケーブルはグラフィックボードに接続している?

モニターの接続方法は、マザーボードとグラフィックボードの2つがあります。

どちらの接続でもモニターに映像を出力することはできますが、マザーボードに接続するとCPUに内臓してあるGPUから画面が出力されます

そのため、グラフィックボードと比べると性能が低くゲームをプレイするとカクつきやすいです。

グラフィックボードを搭載しているモデルなら必ずグラフィックボード側にケーブルを繋ぎましょう

モニターの設定からリフレッシュレートを変更しよう

モニターのリフレッシュレートが高いことでゲームをより快適にプレイできます。

しかし、パソコン側から設定を行わなれけば、リフレッシュレートは60Hzから変わりません

そのため、ゲーミングモニターを使っている場合は、リフレッシュレートを設定から変更しましょう

Windows画面上の何もない場所で右クリックする。
「ディスプレイ設定(D)」を開く。
「ディスプレイの詳細設定」から変更するディスプレイを選択する。

「リフレッシュレート」を一番高い値に変更する。

マウス加速をオフにしよう

パソコンのマウスには初めから加速機能がオンになっています。

マウス加速は、マウスを振る速度によってカーソルの動く大きさが変わる機能です。

良い機能にも思いますが、ゲームには向いておらずAIMが安定しません

そのため、AIMなど視点が重要なゲームでは必ず加速をオフにしましょう

画面左下の検索欄から「設定」と検索し開く。
「デバイス」から「マウス」を開く。
マウス 設定
「その他のマウスオプション」から「ポインター オプション」を選択する。
「ポインターの精度を高める」のチェックを外す。

電源の設定を高パフォーマンスに変更する。

パソコンの設定から電源のプランを変更することができます。

初期の状態ではバランスモードになっているので、高パフォーマンスモードに変更しましょう

高パフォーマンスに変更することで、パソコン本来の性能をマックスで使うことが可能です。

しかし、電力の消費量が増えるので電気代が通常より少し高くなります。

「スタートボタン(Windowsマーク)」を右クリックする
Windows画面
「電源オプション」から「電源の追加設定」を開く。
電源とスリープ
「高パフォーマンス」にチェックする。
電源オプション