【2023年版】マウスコンピューターでおすすめのゲーミングPCを紹介

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

マウスコンピューターが販売しているゲーマー向きブランド「G-Tune」。

人気が高くラインナップが豊富にあることから「どのパソコンを購入したらいいか分からない」と言う人が多くいるはずです。

そこで本記事では、マウスコンピューターでおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

マウスコンピューターとは

画像引用元: mouse-jp-co-jp

マウスコンピューターは、株式会社MCJが運営するBTOメーカーです。G-Tuneは2004年に開始したまだ新しいシリーズです。

購入後のサポートは充実しており、24時間365日電話対応やその他にメールやLINE・AIチャットなど文章での問い合わせも可能です。

また、故障してしまった場合でも72時間以内で修理対応してもらえるサポートがあり、パソコン初心者でも安心して購入することができます。

おすすめのゲーミングPCを紹介

おすすめのゲーミングPCを紹介

周辺機器もセットで初めてのゲーミングPCにおすすめ

メリット

  • フルHDなら快適な構成
  • 周辺機器もセット
  • 高性能なモニター

デメリット

  • マウスパッドは別売り
PC本体
OSWindows 11 Home
CPURyzen 5 4500
グラフィックボードRTX 3060
メモリ16GB(8GB×2)
容量512GB
価格179,800円~
周辺機器
マウスLogicool G 304
キーボードLogicool G213r
ヘッドセットLogicool G331
モニターiiyama G-MASTER GB2470HSU-5

周辺機器が付属しているので、初めてゲーミングPCを購入する人やどの周辺機器を選べばいいか分からない人におすすめな「G-Tune HM-A-AL」。

グラフィックボードとCPUには【RTX 3060+Ryzen 5 4500】を搭載しているので、パソコンの性能は高くフルHDでゲームをプレイする分には充分な性能です。

周辺機器は、ロジクールで統一されており、ライトユーザーにおすすめな構成になっています。しかし、長時間プレイするヘビーユーザーには、少し物足りない性能。

セットで購入することで、1万円近く安く購入ができるので、ゲーミングPCをお得に購入したい人におすすめです。

公式サイトをチェックする

WQHDでプレイしたい人におすすめなゲーミングPC

メリット

  • 高画質でも快適
  • メモリや容量が大容量
  • フロント部分にHDMI設置

デメリット

  • GPUがひと世代古い
OSWindows 11 Home
CPUCore i7 – 13700F
グラフィックボードRTX 3070
メモリ32GB(16GB×2)
容量1TB
価格299,800円~

MMORPGなど重たいゲームを高画質で楽しみたい人におすすな「G-Tune DG-I7G70」。

グラフィックボードとCPUには【RTX 3070+Core i7】を搭載したハイスペックなゲーミングPCにもかかわらずにケースはミニタワーで、とてもコンパクトです。

また、フロント部分にはUSB端子の他にHDMI端子が設置されているので、VRの接続がとても簡単になっています。

4Kや高画質でゲームをプレイしたい人やVRゲームをプレイする人におすすめなゲーミングPCです。

公式サイトをチェックする

4K解像度に対応 ハイスペックなゲーミングPCが欲しい人向け

メリット

  • ハイスペックな構成
  • 4Kでも快適
  • 大容量のメモリ搭載している

デメリット

  • 値段がとても高い
OSWindows 11 Home
CPUCore i7 – 13700KF
グラフィックボードRTX 4080
メモリ32GB(16GB×2)
容量(SSD , HDD)1TB , 4TB
価格529,800円 444,800円

グラフィックボードの中でも上位に入るRTX 4080を搭載した超ハイスペックなゲーミングPC「G-Tune HP-Z」。

メモリを32GBとSSDに1TB,HDDは4TBと、とても大容量です。

そのため、ゲーム以外にもゲーム配信や動画編集などメモリや容量を多く消費するクリエイティブ系の作業を快適にこなすことができます。

価格がとても高いので、ゲーム目的以外にもクリエイティブ系の仕事をやる人におすすめなゲーミングPCです。

公式サイトをチェックする