【2022年版】ゲーミングPCに合うかっこいい自作PCケース 12選

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

自作PCをしたいけど、どのPCケースを買ったらいいか分からない」や「ゲーミングPCに合うかっこいいPCケースが欲しい

という人に向けて本記事では、PCケースの選び方とゲーミングPCに合うかっこいいおすすめのPCケースを紹介します。

おすすめの記事 一般のパソコンとゲーミングPCの違いは? グラフィックボードとは

PCケースの選び方

 

PCケースはPCパーツの中で1番長く使えるパーツになっています。そのため、PCケースは外観だけで選ばずに組み立てやすさや冷却性能、拡張のしやすさも見て選びましょう。

 

ケースのサイズで選ぶ

 

自作する時には

・フルタワー
・ミドルタワー
・ミニタワー

の3つのケースから選びます。

 

幅(mm) 奥行(mm) 高さ(mm)
フルタワー 248 550 600
ドルタワー 211 436 446
ミニタワー 188 365 370

 

フルタワー

フルタワーは大きいので組み立てやすさや拡張性は優秀ですが、場所を取ります。机の上にパソコンを置こうかと考えている人は広い机を買うのをおすすめします。

 

メリット

・ 自作する時に作業がしやすい
・ 大きなGPUでも入る
・ 様々なマザーボードを設置できる

デメリット

・ 場所をとる
・ 値段が高い

 

ミドルタワー

ゲーミングパソコンを買う人はミドルタワーを選ぶ人は多いです。

メリット

・ 様々な種類がある
・ 様々なマザーボードを設置できる

デメリット

・ やや場所をとる

 

ミニタワー

 

メリット 

・ コンパクト
・ コスパがいい

デメリット

・ ケースが小さいから器用な人じゃないと作りにくい
・ 排熱性能が低い
・ 使えるパーツが決まっている

使うマザーボードで選ぶ

マザーボードには

・ ATX
・ MicroATX
・ Mini-ITX

の3種類があります。

縦(mm) 横(mm)
ATX 244 305
Micro-ATX 244 244
Mini-ITX 170 170

 

ケースに対応しているマザーボード

PCケースがマザーボードに対応していない可能性もあるので購入の際はマザーボードが対応しているかどうかを確認しましょう。

 

ATX Micro-ATX Mini-ITX
フルタワー
ミドルタワー
ミニタワー

 

 

おすすめのPCケース フルタワー

O11Dynamic XL


この「O11D XL」はLian Liの人気ケース「O11 Dynamic」シリーズの新たなハイエンドモデルです。拡張性に定評のあるO11 Dynamicをさらに進化させ、ケースファンや電源、ドライブをさらに多数搭載可能になり、冷却性、拡張性、デザイン、メンテナンスにおける利便性など全てにおいて兼ね備えた理想的なPCケースになっております。

CORSAIR 7000D

幅 248mm,奥行 550mm,高さ 600mmと大きく、冷却ファンは120mmなら12基、140mmなら7基まで搭載可能、ラジエイターも多数搭載可能でき冷却性能はとても高くなっています。
7000シリーズは、市販の製品の中で最も充実した機能を誇るフルタワーモデルで、拡張機能も豊富にあります。

SHARK CA300T WT

Sharkoon ELITE SHARK CA300Tは、RGBライティング、最先端の機能、優れた拡張性、シンプルかつエレガントなゲーミングデザインが際立つフルタワーケースです。
ケース内に十分な空気が流れるように、フロントパネルにはメッシュグリルを使用しています。

THERMALTAKE VIEW 51 TG ARGB

トップ、フロント、左サイドの3面に4mm厚の強化ガラスパネルを搭載しており、内部パーツのLEDカラーや水冷クーラント液のカラーを自由に組み合わせるなど、自作PCならではの豊かなドレスアップを楽しめるデザインとなっています。
最大13基のケースファンを取り付けできるほか、最大360mmサイズの水冷ラジエイターが搭載可能となっており豊富な水冷オプションにも対応しています。

おすすめのPCケース ミドルタワー

LIANLI Alpha 330

Lian Li社の3面強化ガラスを採用しExtended ATXにも対応するミドルタワーPCケースです。拡張スロットが8つもあり、ビデオカードの複数枚挿しや専門性の高い拡張カードを挿すには嬉しいスロット数になっています。

CORSAIR iCUE 4000X RGB

CORSAIR iCUE 4000X RGBは、個性的でカスタマイズ可能な強化ガラス製ミドルタワーで、ケーブルの管理が容易な上に、驚異的な冷却性能を実現します。1200mmのRGBファンを3基搭載しており、CORSAIR AirGuideには、エアフローの集中化と冷却効果を高める、アンチボルテックス羽根を採用しています。
それぞれのファンには個別に設定できるRGB LEDが8個搭載されており、鮮明なライティングのカスタマイズもできます。

H510ELITE

H510 Eliteは、ライティングPCを自作したい方に最適なATX対応のコンパクトミドルタワーPCケースです。
強化ガラス製のフロントパネルの裏側には、「Aer RGB2ファン」を搭載し、PCケース内部を常に低い温度で保つことができます。Smart Device V2も搭載しているので、付属のLEDストリップとAer RGB 2ファンですぐにPCのライティングを行えます。

CORSAIR 4000D

CORSAIR 4000Dは、個性的でありながらミニマリストのミドルタワーATXケースで、ケーブルの管理が容易な上に、驚異的な冷却性能を実現します。
高耐久性の頑丈なスチール製のフロントパネルと専用の通気チャンネルの組み合わせにより、優れた外観とエアフローが得られます。また、冷却性能を高める120mm AirGuideファンも2基設置してあります。

CORSAIR iCUE 5000X RGB

CORSIAR 5000X RGBは両サイドとフロント、トップに強化ガラス製のパネルを搭載し、内部を見せるPCに適したミドルタワーのATXケースです。
ケーブルの配線のしやすい構造と豊富な冷却オプションで高性能パーツにも対応しています。

おすすめのPCケース ミニタワー

 

NZXT H210i

Hシリーズでもっとも小さなサイズのH120Iは、わずか27リットルの体積しかないスリムなMini-ITX PCケースです。
前面の内部にバッファとして十分な空間を持たせており、その空間に左右および下部から吸気を行うことで、ファンがむき出しのPCケースと変わらないエアフローを実現しています。

Thermaltake Versa H17 


ブラッシュアルミニウム仕上げのフロントパネルを搭載しており、ケース全体にシンプルでスタイリッシュなデザインを採用しています。
最大350mmの拡張カードが搭載可能となっており、優れた拡張性を実現。また、フロントには最大280mmサイズの水冷ラジエイターが取り付け可能です。

ENERMAX Marble Shell M MS20

ケース正面から向かって左側のサイドパネルには、4mm厚の強化ガラスが採用されています。
最大6基までのファンスロットを備えており、フロントに120mmアドレッサブルRGBファンを2基、リアに120mmファンを1基、標準で装備しています。