【20万円以内】おすすめの自作ゲーミングPCの構成を2つ紹介。

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

ゲーミングPCは選び方によってゲームの快適度を左右し、長い間使う大事なもの。

しかし、値段が高い買い物なので、なるべく安いゲーミングPCを買おうと性能の低いパーツを選ぶ人が多くいます。

そこで本記事では、パソコン初心者の人に向けて【20万円以内で自作できるおすすめのゲーミングPCの構成】を紹介してきます。

 

自作のメリット

自作PCのメリットは、自分の好きなパーツで自分好みのデザインでパソコンを作れることです。

既に完成しているパソコンを買うほうが、保証もついていますし、何より時間がかからないメリットがありますが、自分好みにカスタマイズすると、保証が切れ何かが起きた時さらに面倒になります。

その点自作PCだと、パーツのメーカー保証が付いているので性能が不満になった時や外観を変えたいとき、すぐにカスタマイズができます。

 

自作のデメリット

自作のデメリットは、問題が起こった時全て自分で解決しないといけない事です。

その分パソコンへの知識は付きますが、初めはとにかく面倒

パソコンの問題は、ひとつずつ試して行かないといけないので、忍耐力がない人や面倒なことが嫌いな人には、おすすめできません。

 

自作ゲーミングPC選びで大事なこと

自作のゲーミングPCで大切なことは【グラフィックボード・CPU】の選び方を間違えない事です。

他にもパーツはありますが、初心者の人はグラフィックボードとCPUさえ覚えていれば、選び方で失敗することは少ないです。

お店で販売されているゲーミングPCは、メーカー側がゲームを快適にプレイできるように【高性能なグラフィックカード・高性能なCPU】を搭載した高性能な構成で販売しています。

 

グラフィックボード

グラフィックボードは、パソコンからモニターに映像や画像を送る役割があります。

ゲームをプレイする人には、1番大事なパーツで搭載していなかったり選び方を間違えるとゲームがプレイできなくなるほど重要。

メーカーは【NVIDIA・AMD】の2社が有名。

steamのグラフィックボードシェア率は、NVIDIAが圧倒的で、迷ったらNVIDIAを買えば間違いないでしょう。

ゲーム用のグラフィックボードなら「RTX 3060」がおすすめ

 

CPU

CPUは、パソコンのデータの処理をしており、パソコンの脳と例えれます。

グラフィックボードの性能を引き出すには同等の性能のCPUが必要で、どちらかの性能が低いとボトルネックという症状が発生します。

ゲームでの使用なら、Core i5以上で最新の世代のCPUを使用することがおすすめ

 

おすすめの構成

予算20万円のおすすめ構成を紹介します。

ゲームの性能を重視した構成

パーツ名 商品名 価格
PCケース CORSAIR 4000D 10,472円
CPU Intel Corei5 12600K 40,200円
グラフィックボード RTX 3060 55,255円
マザーボード TUF GAMING B660-PLUS WIFI D4 21,009円
メモリ vengeance lpx 16GB 7,191円
容量 SK hynix Gold P31 1TB 11,330円
電源ユニット Corsair RM650x 10,800円
OS Windows 11 Home 16,064円
その他(CPUクーラー) DeepCool LS520 16,800円
その他(CPUグリス) AINEX シルバーグリス 1,760円
合計価格 190,881円

【RTX 3060+Core i5 – 12600K】を搭載しているので、ゲームの設定によっては240FPS以上出すことが可能で、ゲーム以外にもPCへの負担が大きい作業でも快適。

自作PCの悩みの1つが配線ですがCorsair RM650xは、使わないケーブルを取り外すことができ、初心者の人でも組みやすいようにと思い選びました。

性能を重視したパソコンと言ってもやはりゲーミングPCには、ライティングが重要。

なので、CPUクーラーは、冷却性抜群で光る「LS520」を搭載。

PCケースにファンをさらに搭載できるので、これからもっとPCをカスタマイズしていく人やゲームをプレイするためにPCを組む人におすすめの構成です。

 

見た目を重視した構成。

パーツ名 商品名 価格
PCケース CORSAIR iCUE 4000X RGB 18,530円
CPU Intel Corei5 12600K 40,200円
グラフィックボード RTX 3060 白 57,750円
マザーボード TUF GAMING B660-PLUS WIFI D4 21,009円
メモリ DDR4-3200MHz 16GB(8×2) 8,969円
容量 500GB 5,564円
電源ユニット Corsair RM650 15,127円
OS Windows 11 Home 16,064円
その他(CPUクーラー) DeepCool LS520 WH 18,300円
合計価格 201,513円

【RTX 3060+core i5 – 12600K】を搭載したゲーミングPCです。

性能は変わっていないので、ゲームをプレイすることは可能。

しかし容量が1TBから500GBに減っているので、ダウンロードできるソフトウェアは限られてきます。

グラフィックボード・PCケース・メモリ・CPUクーラーの色を白で統一することで、値段は少し高くなりますが、シンプルでかっこいい見た目に変更しました。

白で統一したかわいいゲーミングPCや光るゲーミングPCが欲しい人におすすめな構成です。