ゲーミングキーボードの選び方は?おすすめのゲーミングキーボードを紹介。

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

ゲーミングキーボードの種類によって押しやすさやサイズなどが違います。

長時間使うデバイ&高価な買い物】なので、選び方は失敗したくないはずです。

そこで本記事は、ゲーミングキーボードの失敗しない選び方やおすすめなゲーミングキーボードを紹介していきます。

そもそもゲーミングキーボードとは?

ゲーミングキーボードは、ゲームをプレイすることを前提として設計されたキーボードのことです。

普通のキーボードとの1番の違いは、「軸」と呼ばれる部品搭載されていることです

軸によって押した時に反応するキーの深さや押し心地が違います。

ゲーミングキーボードのカチカチ音は軸によるものです。

ゲーミングキーボードの選び方

ゲーミングキーボードの選び方を紹介していきます。

搭載している軸で選ぶ

軸は、基盤とキーキャップの間に搭載されている「+」の形をした部品です。

キーの打鍵感や打鍵音が違いゲーミングキーボードの選び方で1番重要なポイントです。

メーカーによって軸の種類は違いますが、よく使われる軸は【赤軸・青軸・茶軸】です。

赤軸打鍵感が少なく静音性が高い
青軸打鍵感が大きくゲーミングキーボード特有の音がある
茶軸赤軸と青軸の中間

赤軸

赤軸は、打鍵感が少なく、静音性がたかいです。

そのため、長時間使用しても疲れることがなくゲームや仕事のどちらにもおすすめです。

また、打鍵音が小さいので、ゲーム中にマイクが音を拾う心配がある人やオフィスなど人が多い場所での使用が多い人でも安心して使えます

青軸

青軸は、ゲーミングキーボード特有のカチカチ音が1番大きい軸です。

1人でゲームをプレイする人や、タイピングする人には音が気持ちよくおすすめですが音が大きいので、ボイスチャットを繋いで使う人や周りに人がいる環境で使う人にはおすすめできません

茶軸

茶軸は、青軸よりも打鍵音は小さめで赤軸と青軸の中間ぐらいの軸です。

青軸でもう少しタイピング音が小さいキーボードを探している人や赤軸で、もう少し青軸に近い軸を探している人におすすめな軸です。

メーカーで選ぶ

ゲーミングキーボードーは有名なメーカーが様々あります。

その中でも有名なメーカーは「Logicool・Razer・SteelSeries・Corsair」などがあります。

ロジクール(Logicool)

ロジクールは、ゲーミングキーボード以外にもマウスやイヤホン・ヘッドセットなど様々なデバイスを販売しているメーカーです。

1981年に創業され長年人気が高いので新商品でも安心して購入できます。

また、ゲーミングデバイスにはG PROシリーズと言うシリーズが販売されており、どのデバイスを購入したらいいか分からない時は、G PROシリーズで揃えれば問題ありません。

レイザー(Razer)

レイザーは、様々なゲームデバイスを販売しているデバイスメーカーです。

緑と黒を使ったカッコいいデザインは人気が高く、レイザーの製品だけで揃えるユーザーも多くいます。

他にもピンクカラーの製品も多く出しているので、女性ゲーマーからも人気が高いです。

スティールシリーズ(SteelSeries)

スティールシリーズは、ゲーミングキーボードの「APEX PROシリーズ」で有名なメーカーです。

反応速度を1番に考えるゲーマーにはとても人気が高く、今も新しいAPEX PROシリーズが販売されています。

コルセア(Corsair)

コルセアは、ゲーミングデバイスよりCPUクーラーやファンなどの自作PCパーツが人気なメーカーです。

ゲーミングキーボードは銀軸と言う軸を搭載しているキーボードが人気で、FPSゲーマーからとても人気が高いです。

サイズで選ぶ

ゲーミングキーボードのサイズは【フルキーボード・テンキーレス・60%キーボード】の3種類があります。

フルキーボードテンキーが搭載したキーボード
テンキーレステンキーレスが非搭載のキーボード
60%キーボード最大限キーを削ったキーボード

フルキーボード

フルキーボードは、テンキーレスが付いたキーボードのことを言います。

そのため、仕事で資料を作成する人など数字を使う人におすすめなサイズです。

しかし、ゲームプレイ中にテンキーにマウスが当たることがあるので、ゲーマーからは不評です。

テンキーレス

テンキーレスは、テンキーが非搭載のキーボードです。

テンキーがないので、マウスを振りやすくゲーマーからの人気が高いサイズです。

ゲーム以外にも調べものなどでも使いやすくおすすめです。

60%キーボード

テンキーレスキーボードからさらにFキーなど使うことが少ないキーを最大限に消したキーボードを60%キーボードと言います。

コンパクトなので、置く場所を選ばず机が小さい人やマウスとキーボードがよく当たる人におすすめです。

【半角/全角】キーがなくショートカットキーを使う必要があり、慣れるまで時間がかかります。

おすすめのゲーミングキーボード

おすすめのゲーミングキーボードを紹介。

Apex Pro TKL

キーが反応する深さを自由に調節が可能な「Apex Pro TKL」。

最短0.2mmから0.1mm単位でカスタマイズでき、他のキーボードと差を付けることができます。

ゲーム中は反応速度を重視し、文章を書く場面では、正確さを重視するなど使い分けることが可能です。

とにかく反応が早いキーボードが欲しいというゲーマー以外にも仕事とプライベートの両方で使用する人におすすめなキーボードです。

ですが、値段が高いので手を出しにくいのがデメリットです。

ducky on3 mini pure white

コンパクトで、かわいいゲーミングキーボード「one3 mini pure white」。

プリント基板の下にEVAフォームのシートを敷くことで無駄な音を排除し、打鍵音をがさらに向上するように設計されています。

なので、かわいいキーボードが欲しい人や打鍵音を楽しみたい人におすすめなゲーミングキーボードです。

Logicool G PRO

初心者が手を出しやすいゲーミングキーボード「Logicool G PRO」。

値段が、1,1500円と初心者でも買いやすい値段で、軸はロジクールがパフォーマンス向上のために設計したGXスイッチを使っています。

タイピング音は静かめで、初めの1台として購入する人におすすめ