【ゲーム用】ワイヤレスで長時間持つおすすめのマウスを4つ紹介。

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

ゲーミングマウスの接続方法は、有線と無線の2タイプがあります。

その中でも無線接続は人気が高く、ケーブルが必要ないので何かと便利ですが、製品によっては充電方法やバッテリーの持ち時間が違います。

そこで本記事では、無線のゲーミングマウスの選び方とバッテリーの持続時間が長いおすすめのゲーミングマウスを紹介していきます。

有線を使うメリット・デメリット

有線を使うメリットは、パソコンとマウスをケーブルで接続するので、電波障害やマウスの遅延が起きることがなく安定した動作でゲームをプレイできます

また、バッテリーや電池を搭載していないので、無線マウスと比べて軽量のモデルが多く販売されており、素早く視点を動かすFPSゲームなどにおすすめです。

しかし、ケーブルが邪魔になることが多く少し不便です。

無線を使うメリット・デメリット

無線マウスは、マウスのケーブルを必要としないので、ゲーム中にケーブルが引っかかることがありません。

そのため、FPSやTPSなど素早い動きや細かい操作が多いゲームにおすすめです。

また、配線周りやデスクの上にケーブルを置く必要がないので、スッキリした見た目にすることができ、デスクを最大限に使用できます。

しかし、無線で接続するので、PCから本体が離れていたり、障害物を置いていると電波障害が起き、接続が切れることがあります

接続できる範囲は製品によって異なるので、購入前にチェックしましょう

ゲーミングマウスの選び方

ゲーミングマウスの選び方を紹介していきます。

ゲーミングマウスを選ぶポイント
  • Max充電で何時間使用できるか?
  • Max充電までに必要な時間は?
  • 充電方法は何か?
  • 搭載しているセンサーは高性能か?
  • サイドボタンの数は足りるか?
  • 本体重量は重すぎないか?

【選び方】バッテリーの最大持続時間を確認

無線のゲーミングマウスを選ぶときはまず、バッテリーの持続時間を確認しましょう。

バッテリーの持続時間が短い場合、ゲーム中に充電が切れることや充電の手間が増え面倒になってきます

そのため、無線のマウスを購入する時は、なるべく持続時間が長いモデルを選びましょう。

最近のゲーミングマウスは持続時間が80時間以上を超えている製品も多いので、充電の頻度は少なくても大丈夫です

【選び方】充電に必要な時間を確認

バッテリーの最大持続時間が長くとも充電は、週1は必要です。

そんな時に充電時間が長すぎるとゲームがなかなかプレイできません

そのため、持続時間の次にバッテリーの充電に必要な時間も調べましょう。

また、持続時間が長いと充電時間も長くなりがちですが、新しいモデルなどは持続時間が長くとも充電時間は短い製品なども販売されています

【選び方】ケーブルタイプか電池タイプかを確認

無線マウスの充電方法は、ケーブルを接続するタイプと単三電池を交換するタイプがあります

ケーブルタイプは、定期的に充電する必要がありますが、別で電池を購入する必要がないので、長期的にみるとお得です。

逆に電池のタイプは、長い期間使うことができ、充電する必要がありません。

しかし、本体重量が重くなりがちなので、軽量マウスが欲しい人には向いていません。

【選び方】内蔵しているセンサーを確認

マウスにはセンサーと言うパーツをマウスの裏側に内臓しています。

センサーを使うことでマウスの動きを検出し、パソコンのポインターを動かすことができます

センサーによって【トラッキング速度・リフトオフディスタンス・DPI】が違います。

トラッキング速度(IPS)は、マウスを1秒間に何インチ動かしたらマウスが感知できなくなるかを表しています

数値が多いとマウスを大きく振っても反応するということです。

リフトオフディスタンス(LoD)は、マウスを持ち上げた時、反応しなくなる距離を表しています

LoDが高すぎると、誤動作することが多くなります。

DPIは、マウスを1インチ(2.54cm)動かした時にマウスのポインターが何ドット動いたかを表しています

【選び方】サイドボタンの数を確認する

ゲーミングマウスには、マウスの横側(親指を置く位置)にサイドボタンと言うボタンが搭載されています

サイドボタンを使うことで、ゲーム中に指が届かないキーを簡単に素早く押すことができます

また、サイドボタンの数によってゲームに合う合わないなどもあるので、ゲーム用のマウスを購入する時はサイドボタンに注目しましょう

【選び方】本体重量を確認する

マウスには重たい製品と軽い製品があり、重量によって操作性が異なります

軽いマウスは、マウスパッドとの摩擦が少ないので、軽い力で操作ができ、手の負担を軽減できます。

逆に重たいマウスは、手が疲れやすいですが、細かい操作を得意としており、安定した操作を求めている人におすすめです。

そのため、重量で選ぶ場合は、自分のプレイスタイルに合った製品を選びましょう。

おすすめのワイヤレスゲーミングマウス4選。

ここからは、おすすめのワイヤレスのゲーミングマウスを4台紹介していきます。

製品名Razer Naga ProG PRO X SUPERLIGHTG 502 X PLUSG 304 HERO
バッテリー持続時間100時間/150時間70時間120時間/37時間250時間
充電時間4時間2時間
充電方法充電ケーブル充電ケーブル充電ケーブル単三電池
センサーFOCUS+HERO 25KHERO 25KHERO
サイドボタン数最大 12個2個5個2個
本体重量120g63g未満106g99g

Razer Naga  Pro: ゲームによってサイドボタンを変更することが可能。

最大バッテリー持続時間100時間/150時間(BLEモード)
充電時間4時間
充電方法充電ケーブル
センサーFOCUS+
サイドボタン最大 12個
本体重量120g
価格16,980円

ゲーミングデバイスメーカーで有名なレイザーが販売するゲーミングマウスです。

Razer Naga Proの1番の特徴は、ゲームや使用場面でサイドボタンの数をカスタマイズできる点です。

サイドボタンは、3段階で変更ができ、最大12個搭載されています。

1段階目2つ搭載
2段階目6つ搭載
3段階目12個搭載

また、接続モードは「HyperSpeed Wireless モード」と「BLEモード」の2種類があります。

BLEモードの方が50時間長く使用することができます。

このマウスは重いので、長時間のゲームプレイには向いていませんが、ゲームによってサイドボタンを変更できるので、1つのゲームだけでなく色々なゲームをプレイする人におすすめです。

G PRO X SUPERLIGHT: ロジクール史上最軽量を誇るたったの63g未満のマウス

最大バッテリー持続時間70時間
充電方法充電ケーブル
センサーHERO 25K
サイドボタン数2個
本体重量63g
価格17,820円

ゲーミングデバイスを販売しているロジクールのゲーミングマウスです。

G PRO X SUPERLIGHTの特徴は、ロジクール史上最軽量の63gしかない点です。

軽量なので、マウスパッドとの摩擦は少なく、手の負担を最小限に抑えられます。

軽量化のために、マウスのLEDが光らなくなっています。

そのため、本体のカラーだけでシンプルな外観です。

このマウスは、長時間ゲームをプレイしたい人やLEDが光らないマウスが欲しい人向けのゲーミングマウスです。

G 502 X PLUS: RGBを搭載した光るカッコいいゲーミングマウス。

最大バッテリー持続時間120時間/37時間(RGBオン)
充電時間2時間
充電方法充電ケーブル
センサーHERO 25K
サイドボタン数5
本体重量106g
価格19,800円 21,780円

ゲーミングデバイスメーカーのロジクールが販売しているゲーミングマウスです。

G 502 X PLUSは、ロジクールの中でもバッテリーの持続時間は長く最長で、120時間も持ちます。

また、親指部分に搭載されているDPIシフトボタンを取り外し向きを変えることができ、ボタンの押しやすさを自分に合った向きに変更が可能です。

このマウスは、ロジクール製品でバッテリがー長時間持つのが欲しい人や光るカッコいいゲーミングマウスを探している人におすすめです。

G 304 HERO: 単三電池で動くコスパ最強のゲーミングマウス。

最大バッテリー持続時間250時間
充電時間なし
充電方法単三電池
センサーHERO 
搭載ボタン数2個
本体重量99g
価格5,200円

デバイスメーカーのロジクールが販売するゲーミングマウスです。

G 304 HEROの1番の特徴は、単三電池を搭載し、コスパが最強な点です。

単三電池を搭載することで、重量が少し重たくなりますが、その分バッテリーの持続時間が長く最大で、250時間も持ちます。

毎日10時間ゲームをプレイしても、月に1本電池を変えるだけでいいので、とても楽です。

このマウスは、毎回マウスを充電するのが、面倒な人や安いワイヤレスマウスを探している人におすすめです。