ゲーミングPCでおすすめの延長コードを紹介|発火を防ぐ方法

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

パソコン用の延長コードの選び方を知りたい

おすすめの延長コードを知りたい

デスクトップPCを使っていると周辺機器の電源などで延長コードが必要になってきます。

ですが、間違った使い方や製品を選んでしまうと発火の原因になってしまいます

そこで本記事では、発火を防ぐためにゲーミングPC用でおすすめの延長コードを紹介していきます。

【発火の原因】合計w数を超えている

延長コードには使える消費電力が決まっています。

記載されている消費電力を超えてしまうとコードが過熱してしまい発火の原因になってしまいます

そのため、パソコンやプリンターなど消費電力が多い製品には気を付けましょう。

ほとんどの場合は、延長コードの裏側に「合計w数」と記載されており、1500wが主流です。

【発火の原因】 たこ足配線をしている

たこ足配線

原因の2つ目はたこ足配線をしていることです。

たこ足配線は、1つの延長コードに複数の延長コードを接続している状況を言います

そのため、合計w数を超えてしまい発火の原因になりやすいです

使い方によっては便利なので、使う場合はw数に注意しましょう

【発火の原因】 ホコリが溜まっている

延長コードを長い期間使っていると延長コードとプラグの隙間にホコリが溜まります。

ホコリが溜まってしまうと空気中の湿気を吸収することで、漏電し発火します

そのため、定期的に掃除を行い対策を行いましょう

延長コードの選び方

延長コード

ここからは、延長コードの選び方を紹介していきます。

【選び方】タワー型か横長タイプ

延長コードには通常の横長型とタワー型があります。

どちらも良い点・悪い点がありますが、横長型の方が製品の種類が多く、様々な機能を搭載しています

そのため、パソコン用で購入する場合は、横長型がおすすめです。

【選び方】最大w数で選ぶ

基本的に販売されている延長コードは1500wですが、中には違う商品も販売されています。

そのため、購入前に確認しておきましょう。

延長コードのw数を選ぶときは、使う製品の消費電量を合計した数の物を選びましょう

そうすることで、発火の原因を抑える事ができます。

製品にもよりますが、消費電力が分からない場合は1500wあれば充分です。

パソコン500w~1200w
液晶モニター20w~200w
充電器20w~30w

【選び方】 ケーブルの長さで選ぶ

コンセントの近くにパソコンを設置していいればよいですが、遠い場合買った後に長さが足りないことがあります

また、コンセントが近いのにケーブルが長い製品を買ってしまうとケーブルを束ねる必要があります。

ケーブルを束ねて使用すると熱がこもり発火する恐れがあるので、購入する前に自分の環境に合った長さのケーブルを選びましょう

【選び方】個別スイッチを搭載しているか

家電製品は使用していない間も電力を消費しています。

そのため、電気代を節約するためにコンセントを外す人も多いです。

しかし、それでは面倒なので個別スイッチが付いている製品を選ぶとスイッチを押すだけで電源を遮断できるので便利です。

【選び方】アース線が使えるかどうか

プラグ形状のコンセントにはアース線が付いていることが多いです。

アース線を付けることで、漏洩時に漏れた電気で感電しないように地面に電気を逃がすことができます

そのため、アース線を使わなくとも家電製品は使えますが、感電しないためにもアース線が付いた延長コードを選びましょう

おすすめの延長コードを紹介

シンプルでおすすめなminiタワー型

仕様
本体サイズ10×10×12.7 cm
最大w数1500w
ケーブル長さ2m
コンセント数11個
価格2,499円

全体的に色は白色なので、全体的に白色で統一したい人におすすめです。

そうでない人でもシンプルなデザインなので、おしゃれな部屋にすることができます。

USBポートが付いていることや本体のサイズが小さいので、ごちゃつく心配が要らないのでおすすめです。

ほこりシャッターで発火の心配が不要な延長コード

仕様
本体サイズ31×5×3.2 cm
最大w数1500w
ケーブル長さ2.5m
コンセント数6個
価格2126円

他の製品とは違い、ほこりシャッターが付いているので、コンセントの間にほこりが溜まりません。

なので、掃除をする頻度が少なくても発火する心配が要りません。

個別のスイッチも付いているので、節約することができます。