【ディスコード】Nitroとはどんな機能?|課金する方法を紹介。

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

Nitroてどんな機能?

ディスコードには、Nitroと言うサブスクリプションがあり、Nitroに入ることで使える機能が増えます。

そこで本記事では、Nitroについて紹介していきます。

Nitroとは?

画像引用元: https://discord.com/

ディスコードのサブスクには、BasicとNitroの2種類があり、月の価格や使える機能が違います。

Nitroは、月の価格が高く月1,050円もします

しかし、使える機能が多く、アップロード上限のupやサーバーブーストが無料で、できるなど1,050円出す価値はあります

Nitroの機能紹介

画像引用元: https://discord.com/

Nitroに入ることで使える機能を紹介していきます。

高画質での画面共有が可能になる

解像度720の30FPSでしか共有ができませんでしたが、解像度1080の60FPSで共有できるようになります

そのため、画面共有時のカクつきが少なくなり、快適に観ることができます。

動画や映画鑑賞では違いが少ないですが、ゲーム中の画面は大きく違うので、パソコンユーザーやフレンドとゲーム画面を共有したい人におすすめな機能です。

サーバーブーストが2回無料になる

サーバーブースト

Nitroに入ることで、2回分サーバーブーストが無料になります。

サーバーを1レベル上げることができますが、通常1,278円するので、お得にブーストが可能です。

レベル1になることで、サーバーの絵文字スロットのupや音声品質の向上・高画質の動画共有ができるようになります。

ファイルのアップロード上限が増える

通常8MBからNitroに加入することで、500MBに上限がアップします。

500MBに増えることで、今まで送信できなかった大容量のファイルや動画を送ることが可能になります。

わざわざファイルを圧縮する必要がなくなるので、とても便利な機能です。

他のサーバーのスタンプ・絵文字が使えるようになる

スタンプは通常サーバー内でしか使うことができませんが、Nitroに加入することで個人チャットや他のサーバーで使えるようになります。

気に入ったスタンプを使うことができるので、チャットをさらに楽しむことができるようになります。

プロフィールのカスタムが増える

プロフィールのバナーを画像やGIFに変更することが可能になります。

また、サーバー別にプロフィールを変更することもでき、自分好みにカスタマイズが可能です。

ビデオ通話の背景を変更可能

ビデオ通話中のバーチャル背景を自分好みの画像に変更することができます。

そのため、フレンドとよくビデオ通話を行う人におすすめな機能と言えます。

メッセージの文字制限がupする

テキストメッセージは通常最大2000文字ですが、Nitroに加入することで4000文字に増やすことができます。

普通の人は、4000文字も使いませんが、サーバーを運営している人やチャットをメモ代わりにしている人にはおすすめな機能です。

Nitroの加入方法を紹介

支払い方法
  • クレジットカード
  • PayPal
ディスコードを開く
「ダイレクトメッセージ」から「Nitro」を開く

スマホの場合は、ディスコードの設定から「Nitroを入手する」を選択

Nitroトップ画面
Nitroの「登録」ボタン又は、「Nitroを入手する」を選択
登録ボタン
「1年払い・月払い」のどちらかを選択
支払い方法を入力し、同意する
「Nitroサブスクリプションを購入」をクリック
完了