【自作PC向け】グラフィックボードの選び方を紹介|失敗しないようにしよう

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

ゲームをプレイするために必要なグラフィックボード。

選び方を間違ってしまうと、遊びたいゲームをプレイできなくなります。

しかし、初めて自作PCを組む人は、グラフィックボードの選び方が分からないと思います。

そこで本記事は、自作PC初心者の人に向けて、グラフィックボードの選び方を紹介していきます。

グラフィックボードとは何?

グラフィックボードは、画像や映像をディスプレイに映す役割があります。

CPUでも内蔵しているGPUを使うことで、画面を映すことができますが、グラフィックボードと比べると性能が低く、おすすめできません。

やはり、ゲームをプレイするなら高性能なグラフィックボードが最適でしょう。

グラフィックボードの選び方

グラフィックボードの選び方を紹介していきます。

その1, ゲームの推奨スペックで選ぶ

グラフィックボードを選ぶときはまず、ゲームの推奨スペックを確認しておきましょう。

確認して購入しない場合、パソコンの性能が足りずにゲームをプレイできない事もよくあります

推奨スペックは、ゲームの公式サイトに記載されています。

その2, NVIDIAとAMDのメーカーで選ぶ

グラフィックボードを販売している大手はNVIDIAとAMDの2社があります。

どちらも高性能なグラフィックボードを販売しており、どちらもおすすめのメーカーと言えるでしょう。

安心を求めるのならNVIDIA

NVIDIAのグラフィックボードは、AMDと比べるとシェア率が高く、安心して購入できます。

steamのグラフィックボードシェア率を見るとNVIDIAが75.8%,AMDは14.9%とNVIDIAの方が圧倒的に多いです。

周りの人たちも使っているということもあり、GoogleやTwitterなどに情報が多く出回っているので、検索するとすぐに出てくるというメリットがあります。

安さを求めるのならAMD

値段の安さやコストパフォーマンスを求めるのならAMDがおすすめです。

AMDとNVIDIAの値段を比べると同じ性能でもAMDの方が、安く買うことができます。

その3, シリーズで選ぶ

NVIDIAとAMDにはそれぞれシリーズがあります。

NVIDIAのGTXシリーズ・RTXシリーズ

NVIDIAには、GTXシリーズとRTXシリーズの2種類があります。

ライトユーザーにおすすめなGTXシリーズ

GTXシリーズは、初心者の人でも購入しやすいような価格設定で販売されており、ライトユーザーにおすすめなシリーズです。

しかし、高いパフォーマンスを出すことができないので、高解像度や高画質でプレイしたい人や高いフレームレートを狙いたい人にはおすすめできません

パフォーマンス重視の人におすすめなRTXシリーズ

値段は張りますが、高いパフォーマンスを出したい人におすすめなのが、RTXシリーズです。

GTXシリーズよりも性能が高く、製品によっては4K解像度で、快適にプレイすることができます。

また、RTXシリーズには、リアルレイトレーシング機能が搭載されており、従来のグラフィックボードより、リアルなグラフィックで、ゲームをプレイすることができます

AMDのRadeonシリーズ

Radeonシリーズは、コストパフォーマンスがとても高いです。

NVIDIAで同じ性能の製品を比較すると安く購入することができるので、価格を抑えて自作したい人におすすめなメーカーです。

その4, 性能で見極める

NVIDIAとAMDのどちらも製品名の数字が上がると同時に性能も上がるので、見極めが簡単です。

低予算で自作PCを組みたい場合は「RTX 3050」がおすすめ。

ゲームを低画質で高いフレームレートを出したい人は「RTX 3060」や「RX 6600」辺りがおすすめ。

高解像度や高画質で楽しみたい人は「RTX 4070」や「RTX 6800」以上の製品がおすすめ。

その5, サイズで決める

グラフィックボードは、性能が上がると冷却性能を高めるため、ファンなどの冷却パーツを多く搭載します。その影響で、本体のサイズが大きくなりがちです。

サイズが大きすぎるとPCケースに搭載できないことがあるので、必ずPCケースとグラフィックボードのサイズを測りましょう。

ミドルタワーより小さいケースは限られてくるので注意が必要

その6, 消費電力で決める

グラフィックボードは、パソコンのパーツの中でも消費電力が1番高いです。

搭載している電源ユニットのw数がパーツ全体の消費電力より少ないと、性能を引き出せずに不具合が起きることがあります。

そのため、購入前にグラフィックボードの消費電力量を確認しておきましょう。