【パソコン初心者向け】タスクマネージャーの開き方を紹介|どんな場面で使う?

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

パソコンにはタスクマネージャーと言うプログラムが搭載されています。

ソフトウェアが固まった時などに役に立ちますが、パソコンに詳しくない人は使い方が分からないと思います。

そこで本記事では、タスクマネージャーの開き方と使い方を紹介していきます。

タスクマネージャーとは

タスクマネージャーは、バックグラウンドで起動しているソフトウェアを管理するためのプログラムです。

また、ソフトウェアを強制終了さることやCPUやグラフィックボードの使用率を確認することができます。

タスクマネージャーの開き方

ショートカットキーを使う場合

キーボードのCTRL+Shift+Escを同時に押すことで開けます。

タスクマネージャーを開く方法

画面右下の「△マーク」を右クリックする
下から3番目の「タスクマネージャー(K)」を開く
完了

ソフトウェアを強制終了する方法

タスクマネージャーを開く
「プロセス」を選択
終了したいソフトウェアを右クリック
「タスクの終了(E)」を選択
完了