【Coreシリーズ・Ryzenシリーズ】CPUの世代を見分ける方法。

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

CPUやパソコンを購入する時に必ず「世代」と言う言葉が出てきます。

しかし、パソコンに詳しくない人は、CPUの世代と言われても分からないはずです。

そこで本記事では、CPUの世代を見分ける方法を紹介していきます。

CPUはどんなパーツ?

CPUは、Central Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)と言い直訳すると中央処理装置と言います。

CPUは、パソコンの脳の役割をしており、PCパーツやキーボード・マウスの周辺機器の動作を管理しています

Intelの世代を見分ける方法

Intelの世代を見分けるには、シリーズ名の後に記載されているプロセッサーナンバーの初めの数字を見る必要があります

例えば、「Core i5 -8400」は、初めの数字が8なので8世代ですが、10世代以上になると初めの数字が2桁になります。

そのため、「Core i5 – 12400F」だと、初めの2桁の数字を見るので、12世代です。

AMDの世代を見分ける方法

AMDの世代を見分ける方法は、シリーズ名の後に記載されているプロセッサーナンバーの初めの数字を見る必要があります

Intelと見分け方は同じで、「Ryzen 7 3700X」だと初めの数字が3なので、3世代と見分けます。

しかし、AMDの世代は少し複雑で、「Ryzen 7 4800U」の4000番台も3世代なので注意が必要です。