一般のパソコンとゲーミングPCの違いは?

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

パソコンには、様々なカテゴリーがあり、その中でも高性能なゲーミングPC。

高性能なパソコンやゲーム用のパソコンを購入する人は、ゲーミングPCと言う名前のパソコンから選びますが、パソコンに詳しくない人は、何が違うのか分からないと思います。

そこで本記事では、ゲーミングPCは、普通のパソコンと何が違うのかを紹介していきます。

普通のパソコンとゲーミングPCの違い

普通のパソコンゲーミングPC
性能低~中スペック中~高スペック
消費電量低め高め
ケースサイズ小~中サイズ中~大サイズ
価格安価高額

性能の違い

普通のパソコンとゲーミングPCでは、性能が大きく違います。

基本的にゲーミングPCは、ゲームに特化したCPUやグラフィックボードなどの高性能なパーツで構成されています

それに比べ、普通のパソコンは、高性能なパーツを搭載していないので、ゲームよりもネットサーフィンや動画観賞などの高い性能を要しない作業が得意です。

消費電量の違い

普通のパソコンゲーミングPC
電力の平均300W~500W500W~1200W

普通のパソコンとゲーミングPCでは、搭載しているパーツの性能が大きく違うので、消費電力の差もあります。

消費電力が多いことで電気代が高くなることや延長コードの電力不足などが起こります

パソコンの性能を最大限使うには、電力が必要なので、延長コードの電力不足は最悪な状態です。

基本的に普通のパソコンの電力は、300W~500Wが主流で、ゲーミングPCは、500W~1200Wが平均です。

ケースのサイズの違い

普通のパソコンとゲーミングPCではケースのサイズが大きく違います。

普通のパソコンはサイズが小さいモデルが多いですが、ゲーミングPCは、拡張性やパーツのサイズが大きいので、ケースも大きくなります

そのため、小さいパソコンが欲しい人にはゲーミングPCはおすすめできません。

価格の違い

ゲーミングPCは、高性能なパーツを多く積んでいるので、価格がとても高いです。

安くとも10万円~50万円と幅が広くパソコン初心者の人には手を出しにくい価格設定です。

それに比べ普通のパソコンは、5万円~15万円と高いですが、ゲーミングPCより安く購入しやすい値段と言えます。

まとめ

普通のパソコンとゲーミングPCの違いを紹介していきました。

普通のパソコンは価格的にも購入しやすいですが、性能はそこまで高くなくゲームを遊ぶとなると難しいです。

そのため、やはりゲームで遊ぶとなるとゲーミングPCがおすすめです。