審査なしで、後払いができる「バンドルカード」とは|学生向けVisaプリペイド

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

Amazonや楽天などネットで買い物をする時クレジットカードがあると便利ですが、学生はクレジットカードを作ることができません。

ですが、クレジットカードを作りたい学生は多いはずです。

そこで本記事では、学生でも作ることのできるVisaプリペイドカードのバンドルカードを紹介していきます。

クレジットカードとVisaプリペイドカードの違いは?

クレジットカードVisaプリペイドカード
支払い方法1回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払い1回払い
限度額人によって異なるチャージ残高の範囲内
審査ありなし
年会費カードーによって異なるほとんど無料

Visaプリペイドカードとクレジットカードの1番の違いは審査が必要か、必要ではないかの違いです。

クレジットカードを所有する場合は、所有する本人の収入や信頼性によって登録できるカードや限度額が決まってきます。

それに比べVisaプリペイドカードは、誰でも登録することができ、初めにチャージした金額を使用することができます。

バンドルカードはどんなカード?

画像引用元: vandle.jp

バンドルカードは「株式会社カンム」が提供するVisaプリペイドカードのサービスです。

Visaプリペイドカードでありながら審査なしで最大5万円分を後払いすることができます

また、バーチャルのカード以外にも実物のカードを発行することができ、Visaカードの加盟店なら使用が可能です。カードを発行する場合は、身分証が必要になります

バンドルカードを使うメリット

バンドルカードを登録するメリットを紹介していきます。

【メリット】誰でも簡単に登録できる

バンドルカードはクレジットカードと違い登録時の審査や年齢制限がないため誰でも簡単に登録ができます。

学生でも作ることができるので、ネットでの買い物やサブスク機能などの支払い時にわざわざコンビニや銀行に行く必要がありません

【メリット】後払い機能を使える

バンドルカードにはポチっとチャージと言う後払い機能を使うことができます。

他のアプリでは後払い機能を使う場合、クレジットカードや銀行を登録し、審査を受ける必要があります。

しかし、ポチっとチャージでは、クレジットカードの登録や銀行を登録する必要がなく誰でも使うことができ、手持ちがない場合でも使えるメリットがあります。

利用できる金額の上限が決まっていますが、1回に付き3千円から最大5万円までチャージが可能です。

また、支払い期限が決まっており、支払日までに支払わない場合遅延損害金が発生するので注意が必要です。

バンドルカードの種類

バンドルカードには3つの種類があります。

バーチャルカード

1回のチャージ上限3万円
月間上限12万円
累計上限100万円

バーチャルカードはアプリで登録すると無料で発行できるインターネット専用のVisaプリペイドカードです。

1回3万円までチャージすることができるので、ネットショッピングで使用する人や学生の人におすすめです。

実物のカードが発行されるわけではないので、実店舗で使用したい人には向いていません

バンドルカード リアル

1回のチャージ上限3万円
月間上限12万円
累計上限100万円

リアルカードではバーチャルカード同様インターネットで使える他に、実店舗のVisa加盟店で使うことができます。

カードを発行するには手数料がかかりますが、外での買い物に使うことができるので、外出が多い人におすすめなカードです

ただし、使用できる累計金額や海外の店舗・ガソリンスタンド・宿泊施設では使用ができないので注意が必要です。

バンドルカード リアル+

1回のチャージ上限10万円
月間上限200万円
累計上限なし

リアル+では、インターネットでの使用やVisa加盟店の使用以外にリアルカードでは使用できなかった海外やガソリンスタンド・宿泊施設で使用できます

また、チャージ上限や月間上限が増える事や累計上限がなくなります。

そのため、クレジットカードの代わりになるVisaプリペイドカードを探している人におすすめです。

発行するには、身分証が必要になります。

カードの発行方法を紹介

各カードの発行法を紹介していきます。

バーチャルカードの発行方法

バーチャルカードは、バンドルカードのアプリを入れる事で発行できます。

そのため、設定などは特に必要ありません。

バンドルカード リアルの発行方法

バンドルカードのアプリを開く
明細・カード・チャージのカードを選択
「リアル決済 カード未発行」を選択
「カード発行へ」を選択
「バンドルカード リアル」を選択
「このカードを選ぶ」を選択
好きな色を選択
発行手数料分をバーチャルカードにチャージする

カードの色によって変わってきます。

送付先を登録
注意事項を確認
発行する

バンドルカード リアル+の発行方法

バンドルカードのアプリを開く
明細・カード・チャージのカードを選択
「リアル決済 カード未発行」を選択
「カード発行へ」を選択
「バンドルカード リアル+」を選択
好きな色を選択
発行手数料分をバーチャルカードにチャージする
本人確認書類をアップロードする
送付先を登録
メールアドレスを登録
生年月日の確認
発行する

まとめ

バンドルカードを紹介してきました。

クレジットカードを作れない学生などにとってバンドルカードはとても便利なカードです。

ですが、ポチっとチャージを使う時は、支払期限を守って使いましょう。

スマホのカレンダーなどに支払期限を書くのがおすすめです。