【2023年版】osu!のおすすめのゲーミングキーボード 3選。

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

パソコンの音ゲーで人気が高いosu!。

音ゲーなので、タイミングを合わせるためのキーボードはとても重要。

しかし、パソコンのデバイスに詳しくない人は、どのゲーミングキーボードを購入したらよいか分からないと思います。

そこで本記事では、osu!でおすすめのゲーミングキーボードを紹介していきます。

ゲーミングキーボードとは?

ゲーミングキーボードは、ゲームをプレイすることを前提とし、設計された高性能なキーボードです。

普通のキーボードよりも高性能なため、入力しやすいですが、値段が高額なので選び方には注意が必要になります。

ゲーミングキーボードの選び方

ゲーミングキーボードを選ぶときのポイント
  • 自分好みの軸を選ぶ
  • 使用目的に合ったサイズかを確認
  • どこのメーカーが販売しているかを確認
  • どんな機能を搭載しているかを確認

ここからはゲーミングキーボードの選び方を紹介していきます。

軸で選ぶ

ゲーミングキーボードには、キーキャップと基板の間に「+」の形をした軸と言う部品が搭載されています

軸によってキーを押した時に反応する深さ(ストローク)や打鍵感・打鍵音が異なります。

そのため、キーボードを選ぶときはまず、軸を確認することがおすすめです。

また、軸には様々な種類があるので、ここからは定番の軸を4つ紹介していきます。

赤軸

画像引用元: FILCO

赤軸は、キーが軽く打鍵音が小さいことが特徴です。

長時間使っても疲れにくいので、仕事用での購入や1日のゲーム時間が長い人におすすめな軸です。

また、打鍵音が小さいので、ボイスチャットで音を拾う心配がありません

おすすめ記事: 【2022年版】赤軸でおすすめのゲーミングキーボード 3選。

青軸

画像引用元: FILCO

青軸は、打鍵感が強いことや打鍵音が大きいことが特徴です。

打鍵感や打鍵音が強いことで、ゲーミングキーボードを使っているという満足度が高いです。デバイス初心者の人がイメージするゲーミングキーボードと言えるでしょう。

しかし、長時間での使用やボイスチャットを使う場合、音を拾うのでおすすめしません

茶軸

画像引用元: FILCO

茶軸は、赤軸と青軸の中間にあたる軸です。

適度なクリック感とキーの重みがあり、赤軸と比べるとそこまで静音性は高くありませんが、青軸のような大きな音はでません。

そのため、初めてゲーミングキーボードを購入する人におすすめな軸です。

銀軸

銀軸は、ストロークが浅めに設計されていることが特徴です。

ストロークが浅いことで、キーを少し押すだけでも反応してくれます

そのため、初めは慣れずに誤入力をすることがありますが、慣れるとゲームで有利に戦うことが可能になります

本体のサイズで選ぶ

ゲーミングキーボードには、主に3種類のサイズが販売されており、【フルキーボード・テンキーレス・60%キーボード】があります。

フルキーボード

フルキーボードは、テンキーが横に搭載されていることが特徴です。

テンキーが搭載されていることで、数字を入力する作業を効率よく進めることができますが、ゲーム中は邪魔になることが多いです。

そのため、ゲーム用で購入する場合はおすすめできません

テンキーレス

テンキーレスは、テンキーを取り除きサイズを小さくしていることが特徴です。

テンキーを取り除くことで、マウスがキーボードにぶつかることを避けることができます。

また、サイズが少し小さくなるのでスペースを大きく取る心配もありません。ゲーマーに最適なサイズと言えるでしょう

60%キーボード

60%キーボードは、通常のキーボードから40%を削ったキーボードのことをいいます

Fキーなど使わないキーが削られており、とてもコンパクトなので、持ち運びが多い人やサイズの小さいキーボードを探している人に最適です。

メーカーで選ぶ

ゲーミングキーボードを販売しているメーカーは様々あり、メーカーによって独自の軸やキーボードの形などが微妙に違います

そのため、キーボードの打ちやすさや自分の好きなメーカーを探すことがおすすめです。

自分に合っているかなどは、初めのうちは分からないので、使いながら探しましょう。

おすすめのゲーミングキーボード

おすすめのゲーミングキーボードを紹介していきます。

製品名HyperX Alloy OriginsSteelSeries Apex Pro TKLLogicool G ロジクール G PRO X
メーカーHyper XSteel SeriesLogicool
赤軸OmniPoint青軸

HyperX Alloy Origins

おすすめポイント

  • 60%サイズで小型
  • 独自開発の赤軸
  • osu!のプロも愛用

気になるポイント

  • 搭載していないキーもある

HyperX Alloy Originsは、ゲーミングデバイスで有名なHyper Xが販売するゲーミングキーボードです。

独自開発された専用の赤軸を搭載しており、キーストロークが他の赤軸と比べると短くなっています。

また、osu!のプロゲーマーも愛用している人が多いので、デバイスに詳しくない人でも安心して購入できます。

このゲーミングキーボードは、osu!用でキーボードを購入したい人や小型のキーボードを探している人におすすめです。

SteelSeries Apex Pro TKL

おすすめポイント

  • 高速な応答速度
  • 調節可能なアクチュエーションポイント
  •  ディスプレイを搭載

気になるポイント

  • 値段が高額

SteelSeries Apex Pro TKLは、高性能なゲーミングキーボードで人気が高いSteel Seriesが販売するゲーミングキーボードです。

独自開発した「OmniPoint」と言うスイッチを搭載しており、専用のソフトウェアを使うことでアクチュエーションポイントを10段階で変更ができます。

そのため、速い動作を必要とするゲームをプレイするゲーマーからとても人気が高くおすすめなキーボードと言えます。

Logicool G ロジクール G PRO X

おすすめポイント

  • 大手メーカーが販売
  • 軸の変更が可能

気になるポイント

  • 値段が高額

Logicool G ロジクール G PRO Xは、ゲーミングデバイスで有名なロジクールが販売するゲーミングキーボードです。

初めは青軸を搭載していますが、別売りで販売されている専用の軸を購入することで軸を変えることができます。

そのため、青軸が気にならなくともキーボード本体を買い直す必要がないので、軸選びで迷っている人におすすめです。